車体のねじれや歪みもミリ単位の測定検査できっちり修正 店舗マップ

予防安全装備搭載の先進ボディにも対応!数値化した正しい診断が確かな修理を実現します!

高精度の修正・検査

どんなお車も
修理後も以前と変わらず安全装備が機能するように

近年のお車には、各種のセンサーがそれぞれの役割をもって、それらが正常に動作する様に考慮して設置されています。そんな構造のお車が事故の修理後に見た目は元通りになっているようでも、安全性能も「以前と変わらず機能する」ようになっていないと、修理する意味がなくなってしまいます。

予防安全装備には自動的にブレーキをかける前に、カメラやレーダーが危険を察知していることが前提となっています。事故などで、その機器の位置や向き、お車全体との位置関係が1cmずれると、精度の規定から数10メートルも誤差を出してしまいます。

事故時に起こったフレームやボディの数ミリのズレがあると、予防安全装備が感知する範囲は数メートルズレてしまう!! 実は、お車の前後がちょっとぶつかっただけでも、安全装備の精度には大きなずれが生じるので、安全装備が規定の範囲で動作するように、位置調整や測定ができる機器やコンピュータソフトが完備された工場で無くては直せないんです。

お客様の安全と安心をつくる
最新の診断・修理機器と鈑金塗装修理における4つのポイント

追突事故などで車両のフレームが損傷した場合、コンピュター診断が必要になります。

事前検査 車両の基本データを登録します。
その後実車両をコンピューター計測器で計測し、メーカーの指定数値との差異から修理範囲や損傷の具合を数値で表します。
診断 コンピューター計測器で診断の結果を基に交換部品や修理方法を確定見積金額と修理期間をお伝えします。
修理 ジグ式フレーム修正機とコンピューター計測器で「ミリ単位」のズレを修復。
報告 修理完成後、コンピューター診断の結果を修理方法と作業工程書などのご報告書を使って(※)ご説明させていただきます。
※コンピューター計測器で診断した修理の場合
※簡易な鈑金塗装の場合を除く

3次元コンピューター計測器
メーカーの指定数値との差異を数値化

ジグ式フレーム修正機
破損具合に応じて4〜10点固定することで、どんなお車でも修理が可能になりました

安全衝突ボディ・自動ブレーキシステム等、進化した車の修理に対応

お車の修理には、直す部分によって個別の修理を行います。ヘコんだパーツを叩いたり伸ばしたりする鈑金工事の他に、車の各部分にずれや歪みがないか測りながら元に戻していく「フレーム修正」という修理があります。この修理の精度が安全装備のあるお車には大切になってきます。

これまでのフレーム修正の技術でも誤差は1〜2ミリ程度に戻すことができていましたが、安全装備のカメラやレーダーは1センチのずれで数10メートルのずれが発生するので、1ミリのズレが大きな問題になってきます。仮に、2ミリずれていると2メートルの誤差があると思うと、ドキッとしますよね。

刻一刻と進化し続ける自動車のボディ構造に対して、修正作業も進化しなければ安心・安全な修理ができるとは言えません。金沢丸善ではこれに対応する進化したフレーム修正機と高品質なレベルの検査が出来る測定システムを導入しています。

今までのフレーム修正機 "新型"ジグ式フレーム修正機
固定箇所 ボディ・ミミ(サイドシル) フレームや足回りの強固な箇所
固定数 4点固定 4〜10点固定
主な測定方法 スケールメジャー
トラッキングゲージ
3次元コンピューター計測器
修理許容範囲 2〜3mm ミリ単位・0ミリ可能
新旧比較
  • フレーム構造・ボディ素材の変化により従来の修正機では正確な修正が困難
  • 安全装置・安全衝突ボディには不向き
  • 今までの4点固定では固定する力に限界があり、車両が動いてしまった際、二次損傷を起こす可能性がある
  • サイドシルに修理固定跡が残る
  • 強固なフレーム・足回りに固定するジグ(治具)式は最大10点固定
  • フレーム・足回りのネジ穴を使用し、小さな力で多くの箇所を固定
  • 二次損傷は起こさない
  • 3次元計測器と組み合わせで正確な修正が可能
  • 修理固定跡は残らない
作業に入る前に部品をあまり外さなくとも、固定ポイントの多い最新の土台でしっかり固定し、ミリ単位のフレーム修正が可能 修理前のボディやフレームのずれは素早く数値化、修正作業を行いながら、元通りになっているかコンピュータで緻密な診断を行う 一般的な鈑金工場では伝票のみでしか修理結果が伝えられないのに対して、修理前後の計測データを仕上がりの証明証として提出

車好きででなくても気にして欲しいお車のこと

お車のボディとそれを支える土台や足回りは事故があった際の影響だけでなく、意外とずれていたりします。タイヤの向きや角度についても、きっちり数値化できる測定方法で調整しておかなければ、その後のお車の安定走行や燃費にも影響していきます。
「ボディのねじれ」や「ホイルアライメント」といった部分は、目で見て判断がつくところではなく、車のプロでしか判らない部分だったりしますが、車検や事故修理の時だけでなく、気になった時に是非ご相談してみてください。

また、ワンダフル板金塗装倶楽部では、お客さまのお車に触れる際、状況に応じてその状態と作業内容について細かく記録し、最終的にお客さまへご報告書としてお渡ししています。
一般的にお客さまへのご報告は、お車の現物と修理費用の伝票でしかなく、お客さまが安心できる修理が行われているのか不明確なものになってしまうことが多いのですが、精密な修理が求められるようになってきた昨今、お客さまに安心して頂くために金沢丸善では数値化したしっかりとしたご報告を行っています。

ボディアライメント ホイルアライメント 作業工程書

お問い合せ

先ずは、お電話・お問い合せフォームにてご連絡いただくか、もちろん、工場やお近くのサービスステーションにご来店のうえご相談頂いてもOKです。
また、事故などで自力走行が不可能な場合は、ローダー車などでお引取にお伺いします。もちろん代車もご準備いたします。

・ご送信いただいた個人情報につきましては、当社の個人情報保護ポリシーに則り厳重に管理いたします。